無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
夏の終わり。


今年は、神奈川県大会の開会式から、球場に足を運んで見届けた夏でした。
(沢山留守して、すみませんでした)


2010年の悔しさ・・・。


あの、球場全体の仙台育英コ─ルは、

自分には、興南のハイサイおじさんに聞こえました。


でも、あの時は、球場渦巻く沖縄の台風に飲み込まれて、ただ呆然とする門馬監督でしたが、

今年は最後の最後まで、

選手よりも、一番大きな体で、一番大きな声を出して、立ち向かっていました。


あの時、解説席から、本当に怖い声で「なぜだ!」と喝ってた横浜・渡辺監督の、

「とっくに僕を超えてますよ」と、門馬監督を評する安堵の表情を観て、

神奈川の夏が、やっと終わったことを実感。


最後の一日まで、球場に連れて来てくれて、東海大相模のみなさま、

本当に、有難うございました。


横浜高校出身の投手の言葉ですが、

門馬監督、リベンジしましたね!


↓プレイバック5年前↓

「はいさおじさん」
 



(すみません、今日は、超神奈川県民的視点で書かせて頂きます・・・)



正直、東海大相模が優勝すると思っていました。

(当然、神奈川県民の希望も入っています)



・・・で、優勝したら、

一二三投手でも、選手でもなく、

(本当に美味しい、湘南で飲む生ビールのように)

コクとキレがある、

東海大相模の“解ってる”応援の素晴らしさを書こうと決めていました。



甲子園で、興南の2回戦を観戦した時のこと。

あれっ?と思って関係者に聞いたら、

“ハイサイおじさん”は歌詞に問題があるとして興南の応援歌から外したとの事。

(じゃぁ、山本リンダの狙いうちはどうなんだぁ、という次元の話ですが・・・)



その時はあまり気にしていませんでしたが、

その後、やっぱり“ハイサイ”を望む声が高まり、

準決勝の報徳学園戦から、こちらも劇的逆転、復活を果たしていました。



本日の決勝。

横浜・渡辺監督と、帝京・前田監督が、

さすがにもう我慢ができず、

(高校野球解説ではちょっとありえませんが)、

“こんな時は、監督が間を取らなくちゃ”みたいなことを話していました。

(もちろん、NHKではなくABCだからこそですが・・・)



あの、とにかく興南打線が火を噴いて止まらない、

そう、誰もがその解説に「おっしゃる通り!」と思った4回裏です。



それだけ、甲子園は異様な雰囲気でした。



その(阪神戦7回裏六甲おろしのように)

沖縄スイッチが“ON”になって球場を渦巻いたのは、

テレビでも解るほど、興南アルプスがウォーッ!っと沸いた、

そうです、あの“ハイサイおじさん”の演奏が始まった瞬間(とき)のことでした。



テレビや、解説席では、まだ冷静に「ここで間を取らないと」と試合を観れますが、

恐らく一二三投手も、

守っている東海大相模ナインも、

そしてベンチまでも、


興南アルプスの大歓声とともに、

あの同じリズムが延々と続く“ハイサイ”のトランスに、

完全に飲み込まれていた4回裏でした。

(エラーだけでなく、イレギュラーまで強いられる結果に・・・)



“ハイサイ”は、興南ではなく、

沖縄の魂(ソウル)です。



ここが、東海大相模と異なっていました。



東海大相模アルプスには、東海の魂はありますが、

沖縄ほどの、神奈川の魂はなかったと思います。

(もし東海大相模が優勝していたら“神奈川県民のおかげです”と言うでしょうか・・・。ここが、悔しく、また沖縄が羨ましくもある所です)


本日の決勝、

興南vs東海大相模、ではなく、

沖縄vs神奈川、でもなく、

沖縄vs東海大相撲、だから敗れたような気がします。



狙いうちや、

タッチや、

わーたしピンクのサウスポーは、

今や対戦する両校から聴こえる応援歌です。



やはり、甲子園という、

地域を背負った大舞台での“ここぞ”という時は、

“ハイサイ”のような県民総動員“ソウル”が必要だと思います。

(北海道代表アルプスが松山千春を唄うように・・・)



そう、例えば、

神奈川代表だからこそ、球場全体を神奈川化させる、

サザンメドレーとか・・・。

(結構、本気でそう思います。勝手にシンドバッドから延々と・・・)



東海大相模応援団だからこそ、

そんな神奈川を背負った応援、期待したいです。



“神奈川を制するものは全国を制す”


この言葉を、

アルプスも一緒になって、再生してくれればと、思います。



興南の皆様、そして沖縄の皆様、

優勝おめでとうございます。



そして、東海大相模の皆様、

栄冠は、興南だけでなく、

33年ぶりの縦縞にも、キラキラと輝いています。

胸を張って、神奈川に戻って来て下さい。



今日まで、本当に素晴らしい夏を、ありがとうございました。


また来年、夢に向かって。


TEAMLLKIDS日記
 
JUGEMテーマ:地域/ローカル
| チームベースボールキッズ | 野球 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://teambbkids.net/trackback/1444